ぬいぐるみとしゃべる人はやさしい

細田佳央太 駒井蓮
監督:金子由里奈(『眠る虫』『21世紀の女の子』)
原作:大前粟生「ぬいぐるみとしゃべる人はやさしい」(河出書房新社 刊)
脚本:金子鈴幸、金子由里奈 音楽:ジョンのサン
製作・配給:イハフィルムズ
2023年春 全国ロードショー
© 映画「ぬいぐるみとしゃべる人はやさしい」

コメント(順不動)

初めて『ぬいぐるみとしゃべる人はやさしい』のお話を聞いたときは、間違いなく今やるべき作品だと感じました。現代が不安定な中で、ぬいしゃべを世に送り出すことで必ず誰かを救うことができるのではないかと。繊細で優しすぎる七森を演じることはプレッシャーや不安が付き纏っていましたが、本当に温かいぬいしゃべチームに支えて貰い、演じ切ることができました。七森と同じような苦しみや悩みを抱えている人たちの気持ちが少しでも楽になって貰えたら嬉しいです。

細田佳央太(七森剛志 役)

「ぬいぐるみとしゃべる人はやさしい」に出会えて本当に良かったです。また、金子監督をはじめキャスト、スタッフの皆さんが、ずっとずっと「やさしい」空間を作ってくださったからこそ、私も麦戸として楽しくぬいぐるみと喋ることが出来ました。
この映画は、肯定するしないに拘らず、まず今の気持ちを受け止めてくれて、人々のグレーな部分に寄り添ってくれる作品だと思います。是非、楽しみにして頂けると嬉しいです。

駒井蓮(麦戸美海子 役)

最終日に撮影を見学させて頂いたのですがめちゃくちゃ雰囲気のいい現場でした。スタッフさんキャストさんひとりひとりが登場人物たちやぬいぐるみたちと友だちになっているみたいで、ぬいぐるみサークルの部室はとっても居心地が良かったです。金子さん監督の"ぬいしゃべ"超楽しみです!

大前粟生

弱いひとが弱いまま生きられる場所はないのだろうか。そう思っていた時にこの原作に出逢いました。
『ぬいぐるみとしゃべる人はやさしい』には傷ついた人がたくさん出てきます。
撮影中、私自身も人間が持つ加害性や言葉について幾度も省みていました。
物語に共鳴してくれた俳優さんやスタッフ陣と、傷つくことや優しさについて、一緒に立ち止まって考えながら作り上げた映画です。
私たちは圧倒的に対話が足りてない。社会が少しでも優しくなりますように。日々の無力さに疲れてしまったあなたに観てもらいたいと願っています。

監督 金子由里奈

サポーター(協賛)募集のご案内

映画『ぬいぐるみとしゃべる人はやさしい』(監督:金子由里奈)の完成・国内外での上映に向けて、ご支援いただける方を下記の通り募集いたします。

募集期間

2022年10月7日(金) 23:59まで

プラン

Aコース:10,000円~

【内容】
・本作シナリオPDFの提供
・監督過去作『散歩する植物』期間限定配信
・公式サイトへのクレジット掲載

Bコース:30,000円~

【内容】
・本作シナリオPDFの提供
・監督過去作『散歩する植物』『眠る虫』期間限定配信
・エンドロール及び公式サイトへのクレジット掲載
・マスコミ試写会(都内/12月〜2月頃開催)へのご招待

ご支援いただける方は、
1.氏名 
2.電話番号 
3.希望のプラン 
4.クレジット希望のお名前 
をご記入の上、
件名「金子組 サポーター希望」として
contact@ihafilms.com(担当:髭野)までお申込みください。

お申込み後、3日以内にお支払方法などの詳細について、お伝えさせていただきます。
*メッセージが届かないなどの際は、映画公式アカウントのDMよりお問い合わせください。