ぬいぐるみとしゃべる人はやさしい

細田佳央太 駒井蓮
新谷ゆづみ
細川岳 真魚 上大迫祐希 若杉凩
監督:金子由里奈(『眠る虫』『21世紀の女の子』)
原作:大前粟生「ぬいぐるみとしゃべる人はやさしい」(河出書房新社 刊)
脚本:金子鈴幸、金子由里奈 音楽:ジョンのサン
製作・配給:イハフィルムズ
2023年春 全国ロードショー
© 映画「ぬいぐるみとしゃべる人はやさしい」

コメント(順不動)

初めて『ぬいぐるみとしゃべる人はやさしい』のお話を聞いたときは、間違いなく今やるべき作品だと感じました。現代が不安定な中で、ぬいしゃべを世に送り出すことで必ず誰かを救うことができるのではないかと。繊細で優しすぎる七森を演じることはプレッシャーや不安が付き纏っていましたが、本当に温かいぬいしゃべチームに支えて貰い、演じ切ることができました。七森と同じような苦しみや悩みを抱えている人たちの気持ちが少しでも楽になって貰えたら嬉しいです。

細田佳央太(七森剛志 役)

「ぬいぐるみとしゃべる人はやさしい」に出会えて本当に良かったです。また、金子監督をはじめキャスト、スタッフの皆さんが、ずっとずっと「やさしい」空間を作ってくださったからこそ、私も麦戸として楽しくぬいぐるみと喋ることが出来ました。
この映画は、肯定するしないに拘らず、まず今の気持ちを受け止めてくれて、人々のグレーな部分に寄り添ってくれる作品だと思います。是非、楽しみにして頂けると嬉しいです。

駒井蓮(麦戸美海子 役)

一人ひとりに優しさの形があって、正解も不正解もない、ただみんな真っ直ぐに優しい。
ですが、ただ優しいだけでは上手くいかない時があって、それを分かっているのが白城だと思っています。向き合いながら話をすること、やさしさってなんだろう、改めて考えされられたキッカケとなりました。

新谷ゆづみ(白城ゆい 役)

自分の言動が今の社会を形成してしまった一つの要因かもしれない、僕が演じた鱈山はそのことについて本気で考えていました。
遠くの国のしらない誰かのことをこれほど想像したことはなかった。
「ぬいサー」の部室はとても優しい空間で、この映画が誰かにとっての逃げられる場所になるかもしれない。僕自身、ずっと大切にしたい映画になりました。

細川岳(鱈山 役)

ぬいぐるみとやさしくてユニークな人たちとつくった映画です。
全員ちがうタイプの異星人みたいでした。金子さんも入ってます。
ただやさしさについてはみんな同じとこを見つめていたんじゃないでしょうか。
ぬいぐるみとしゃべる。自分としゃべる。
うちら人類はそんな時間をもっと増やしていいのかもしれないです。

真魚(光咲 役)

初めて原作を読んだ時、“やさしさ”による心地よさと脆さを感じ、この作品を、登場人物を、大切にしたいと強く思いました。
ぬいぐるみに囲まれた部室とキャストやスタッフの皆さんが、私を藤尾として存在させてくれましたし、優しいからこそ傷つきやすい、生きづらさの絡んだ心をほどいてくれる映画になればと思います。

上大迫祐希(藤尾 役)

ひとりが集まった、やさしい現場でした。
自分や相手に無意識下で貼ったレッテルを物差しにしてしまう事が怖くて、視線をフラットに保つ為の言葉選びを慎重にしなくてはならないといつも思っています。
ぼくらがここにいて、あなたもきっとそこにいて、まずはそこから。
ぬいサー発、あなた経由、世界ゆき!ぴーす。

若杉凩(西村 役)

最終日に撮影を見学させて頂いたのですがめちゃくちゃ雰囲気のいい現場でした。スタッフさんキャストさんひとりひとりが登場人物たちやぬいぐるみたちと友だちになっているみたいで、ぬいぐるみサークルの部室はとっても居心地が良かったです。金子さん監督の"ぬいしゃべ"超楽しみです!

大前粟生

弱いひとが弱いまま生きられる場所はないのだろうか。そう思っていた時にこの原作に出逢いました。
『ぬいぐるみとしゃべる人はやさしい』には傷ついた人がたくさん出てきます。
撮影中、私自身も人間が持つ加害性や言葉について幾度も省みていました。
物語に共鳴してくれた俳優さんやスタッフ陣と、傷つくことや優しさについて、一緒に立ち止まって考えながら作り上げた映画です。
私たちは圧倒的に対話が足りてない。社会が少しでも優しくなりますように。日々の無力さに疲れてしまったあなたに観てもらいたいと願っています。

監督 金子由里奈